Home / 共同オフィスについて / 挨拶

挨拶

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
大阪府立大学と大阪市立大学は、2007年4月に包括連携協定を結び、大阪に立地する高度研究型の両公立大学が、組織的な連携を強化することになりました。この連携により、優れた人材の育成や先端的な研究の推進においてシナジー効果を発揮し、より一層の地域連携や社会貢献の進展を目指しております。 両大学にはそれぞれ産学官連携活動を推進する組織がありますが、これに加えて、両大学連携の協調推進体制を明確に打ち出すために、「府大・市大産学官連携共同オフィス」を設立しました。 この共同オフィスの活動は、2008年度の文部科学省の産学官連携戦略展開事業(2010年度からはイノベーションシステム整備事業)にも採択されているもので、その活動は多方面から大いに期待していただいております。
この共同オフィスには、豊富なキャリアを有する6名の専任コーディネータを配置し、両大学教員間の学‐学連携による共同研究の推進、企業ニーズとのマッチング活動、地域中小企業への貢献活動、研究シーズの対外発表イベントの共催、両大学共同提案による競争的外部資金獲得への支援など、多彩な活動を両大学のリエゾン部門とも密な連携を取りながら展開してまいりました。
この事業は5年間のプログラムとなっており、2012年に終了しましたが、これまでの共同オフィスの活動実績を積み重ねることで、両大学の産学官連携機能が集約的・効率的に発展してさせてまいります。今後とも「府大・市大産学官連携共同オフィス」の活動にご注目とご期待をいただき、大阪府立大学と大阪市立大学の産学官連携活動に対して絶大なるご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページトップへ | サイトマップ | 連絡先・アクセス